ミックス犬

ミックス犬は純血統種の異なる犬種同士を掛け合わせて生まれた犬種のことをいいます。チワワxプードルでチワプーやパグxポメラニアンでパグラニアンなど人気の子もいますね。ミックス犬にはそれぞれ特徴もあり両親から良い所をもらって優れた才能を持っている子もたくさんいます。みんなそれぞれ違うので世界に一匹だけのわんちゃんです♪

新着のミックス犬販売情報

都道府県からミックス犬を探す

北海道
東北
関東
北信越
東海
関西
中国
四国
九州・沖縄

画像からミックス犬を探す

ミックス犬を飼う前に知っておきたい3つのこと

ミックス犬画像
元気さ

病気のしにくさ

バラエティ

かわいさ

認知度

人気度

 ミックス犬とは、純血種のわんちゃんを組み合わせたハーフ犬のことです。その多くが純血種のいいとこどりをしたような外見になっており、近年では「チワプー」や「チワックス」などが馴染み深いかと思われます。その魅力的な容姿のみを見て迎え入れがちですが、純血種の遺伝病などを引き継いでしまう場合もありますので、よく調べた上で迎え入れるようにしましょう。

両親のいいとこどり!大人気のミックス犬!

ミックス犬画像1  「ミックス犬」というと、雑種を連想される方もいるのではないでしょうか。元々は雑種のことを「ミックス犬」と言い換えた呼び方のようですが、近頃では異なる意味合いとして呼ばれていることが多いようです。その違いとは、雑種は特に規定はなく他犬種が交配された子を指すことに対し、ミックス犬は異なる純血種同士の交配によって生まれる子を指すことです。そのため、人間でいうところの「ハーフ」と似たようなニュアンスと思っていただけると良いかもしれません。ミックス犬は、他にも「ハーフ犬」、「ハイブリット犬」、「デザイナードッグ」などとも呼ばれています。なお、「F1」といった呼び方もあり、こちらは前述と同義で異なる純血種同士を交配させた子を指しますが、F1同士を交配させた「F2」といった呼び方も存在するようです。
 また、「ミックス犬」のメリットとして、「雑種強勢」と呼ばれる現象により、耐性や繁殖性などの面が両親よりも優れて生まれてくることがあります。ただし、こちらの現象は、純血種同士の「F1」同士の交配が主で、ミックス犬から生まれる「F2」の場合は適用されないと言われています。

大人気のミックス犬!具体的にどんな種類があるの?

ミックス犬画像2  モコモコとしていていつまでも子犬のような愛らしさをもつ、チワワとトイプードルの長所を受け継いだ「チワプー」や、胴が長く足が短いダックスフンドと小柄な身体のチワワの可愛らしい個性を受け継いだ「チワックス」については聞き覚えのある方も多くいらっしゃるのではないかと思います。このようにミックス犬には、すでに定着された名前を持つ子がいます。基本的には両親の名前を受け継いだ名前をもっており、他にも人気の高い種類として、ポメラニアンとマルチーズの子供である「ポメマル」、ヨークシャテリアとチワワの子供である「ヨーチー」、トイプードルとマルチーズの子供である「マルプー」などが挙げられます。
 また、中には明確な目的をもって交配されたミックス犬もおり、代表的な例としては、「ラブラドゥードル」(ドゥードル)が挙げられます。ラブラドゥードルは、動物アレルギーを持つ家庭の介助犬になることを目的として、介助犬としてすでに広く活躍している賢いラブラドールレトリバーと、抜け毛の少ないスタンダードプードルを交配させることにより生まれました。

ミックス犬を選ぶなら事前に両親の遺伝病や特性についての下調べを!

ミックス犬画像3  両親の長所ばかりを受け継いだミックス犬は、一見弱点などないように見えますが、そんなことはありません。異なる純血種同士を交配させるため、両親の遺伝病を引き継いで生まれてきてしまう可能性もあるからです。また、ミックス犬は飼育書がない場合がほとんどです。そのため、両親が持つ遺伝病などの特性をよく理解し、自らの力で対策に努める必要があります。
 また、体格の異なる純血種同士を交配させた場合、幼少期に異常は見られないものの、成長とともに体格と内臓のサイズのバランスにおいて不具合が発生するなど、成長後に異常が発生する場合も見られます。成長に伴い、わんちゃんの行動に異常が見られるようでしたら、早めに獣医さんに相談することをおすすめします。
 いずれの場合も、わんちゃんを迎える前から両親について理解し、迎えた後もわんちゃんをよく観察する必要があります。基本的には雑種強勢により、ミックス犬の寿命は長いと言われていますが、それは飼い主の健康管理や接し方、つまりは育て方によって左右されてくるものです。飼い主として、しっかりミックス犬についての理解を深めた上で、選択をご検討ください。